がんばる人のためのペット

人気記事ランキング

ホーム > 子育て > 赤ちゃんアトピーのケアについて

赤ちゃんアトピーのケアについて

人間で一番我慢するのがつらいのがかゆみだそうです。

痛みなんかよりも我慢できない症状らしいです。

赤ちゃんのアトピーなんかは大変です。

まだお肌がしっかりと形成されていない時期に力強くかいてしまうとボロボロになってしまいます。それは大人になってもそのボロボロのお肌を引きずる可能性があります。

 

お肌がきれいな方の方が好印象をもたれたり清潔感が感じられたりするのが人間の印象らしいです。ですので赤ちゃんの頃に仮にアトピーが発症してしまったら、直ぐに病院にいって適切な治療を行っていただく事をお勧めします。

 

かゆみは乾燥からくることがほとんどです。あまりお風呂で強くごしごし身体をこすらないほうがよいでしょう。また刺激の強い洗剤はしようせず、赤ちゃんのお肌でも優しいものを選ばれるのが良いかと思います。

 

それと、食べ物にも気をつけたほうがよいです。できるだけビタミンCとビタミンEを摂取させた方がよいでしょう。ただ、乳幼児ですと中々、そういったものは食べさせられなかったりしますので、ビタミン入りのミルクなんかをご購入するのも良いかと思います。

 

それと、できるだけかかない様にさせましょう。つめで肌がボロボロと削れていきます。辛いとは思いますが、我慢させましょう。

 

お肌を冷やしてあげるとかゆみは和らいだりしますので冷たいタオルでお肌をケアするのも方法です。市販のぬり薬には十分に気をつけてご使用下さい。逆に変に荒れてしまう可能性がありますので。

 

きれいなお肌を保ってあげたいですよね。病気知らずの子供に育てたい